ノベルティをおもしろくするコレクション性

ノベルティをおもしろくするコレクション性 ノベルティといえば、企業などからキャンペーンのときに貰える、無料のグッズというイメージがあります。
ですから、価値としてはそれほどでもなく、あっても無くてもいいものだと思っていませんか。
実は、意外なほどコレクション性があるのです。ノベルティが配布されるのは、企業や商品にとってターニングポイントとなる時期になることも多々あります。
つまり、ノベルティそのものがその企業や商品の歴史の証拠になるのです。
後から見返したときに、これはあの時に配ったものだ、あの時はあれが流行っていたからこのような形になったのだ、と様々な情報が詰まっているのです。
しかも、そのコレクション性は高いにも関わらず、手に入れるのに費用は基本的にかかりません。
何かコレクションして趣味にしたいと考えたときに、ノベルティはとても集めやすいグッズだといえるでしょう。集めているうちに、企業ごとの手法や考え方の違いがわかってきて面白いかもしれませんよ。

ノベルティのコレクション性を高める工夫

ノベルティのコレクション性を高める工夫 ノベルティのコレクション性を高める工夫は貰う側のコレクター気質をくすぐる事にあります。
本格的なコレクターでなくても、子供の頃カードやガチャポンを集めた記憶は誰にでもあるものです。それらを集めてしまう事には2つの理由があります。
一つは商品をすべて集めたいというコンプリートの欲求です。その為、ノベルティも単一にせず、種類を豊富にし、色や形、地方性などに工夫をして一つでも多く集めたいと言う気持ちに訴えかけるのが良いでしょう。
もう1つはレアアイテムの存在です。都市伝説の様な大げさなものでなくてもレアアイテムがあれば、よりコレクションをしたくなるのが性です。
できるかぎり、楽しみの大きいレアアイテムを1つではなく、これも複数用意します。それには覆面性が必要になってきます。
外からみて中身が分かってしまっては楽しくありませんので、どのノベルティも開けてみるまで何が入っているかわからない状態にして配布する必要があります。